国産ワインはほんとメキメキお美味しくなって…国産ワインを求めて飛び回ってます! 大好きなオーストラリアでも・・・                                    そして畑の不思議にもハマっていくのでした…
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつものワインと違って、たまには浮気しちゃいました

おなじみアジアンフレンチのお店「コム・シェモア」さんが
なんと! 和食に挑戦しちゃいます
古田シェフの作る和食はとても楽しみです☆
そして、それには日本酒も欠かせないと・・・
DSC08178.jpg
【第1回】日本酒を楽しむ会


大雪の雪解けの音を聞き
  醸し人の鼓動が揺れる

歴史と文化を楽しむ
  美しい我が国の酒


素敵なフレーズの中、楽しみます・・・

【醸しを味わう】と・・・
まずは、サッポロビール エーデルピルスナー
(画像がない

サッポロビール園で飲んだ事のあるこのビールは名前の通り
「高貴な味わい」です。
Edelpilsとは「高貴なピルス(ピルスナービール)」という意味。
元来ドイツの名門醸造所が使用していた由緒ある名前を引き継がれたとの事。
メーカーさんの思いあるご説明が美味しさを増します☆

DSC08179.jpg
函館産アスパラのベーコン巻き

DSC08180_20100617150114.jpg
空豆

ピルスナーの上品な味わいとゆっくり楽しみました☆

DSC08182_20100617150113.jpg
日本酒が登場です☆
今日は三種の飲み比べです
シェフソムリエ松村さんが日本酒をついで下さいます☆
松村さんは利酒師でもあるんですよぉ~

DSC08203.jpg
本醸造 「国土無双」 
  高砂酒造(旭川市)
  美山錦 あきたこまち 歩合60%
  酒度+3 酸度1.2

高砂酒造さんと言えばこのお酒と言うくらいの代表選手ですね~

DSC08202.jpg
特別純米 「すすきの美人」
 吟風 歩合60%
 酒度 1.1

知る人ぞ知る「ワイン倶楽部」の工藤ソムリエとのコラボ純米酒です☆
工藤さんは利き酒師としても有名ですよね~
色は一番濃かったですぅ~

DSC08193.jpg


DSC08201.jpg
大吟醸 「一夜雫」
 山田錦 歩合35%
 酒度 +5 酸度 1.1

香りから「あれ?」
味わいも「あれ?あれ??」って位
日本酒っぽくないです(って私だけ??)
とってもフルーティで林檎の「王林」のような香りでした。
ブラインドしたら「ワイン?」って思っちゃうかも☆


DSC08184_20100617150113.jpg
増毛の甘エビ

DSC08186.jpg
積丹の平目
苫小牧の北寄

実は北寄はと言うか貝類は苦手なのですが。。。
北寄が炙ってあってめちゃめちゃ美味でした~


DSC08187.jpg
揚げ物  十勝の白独活と北あかり
     道産細竹

北あかりはご存知、北海道のホクホクじゃがいもです。
ちょっと黄色味がかったお芋です。

竹の子は以前ブログでもご紹介☆
姫竹・根曲竹とかも言うみたいです。
北海道の竹の子ですね~

もとはこんな感じです
   ↓
DSC07870_20100617161651.jpg
これがまたまた美味~

ラストはワインが登場~
DSC08204.jpg
ムルソー クロ・ド・ラ・バロンヌ 2006 (ラブレ・ロワ)

優しい赤ワインでした~ 
し・あ・わ・せ

DSC08205.jpg DSC08207.jpg

〆の逸品
DSC08191_20100617150147.jpg
白糠の時鮭の親子丼

DSC08192_20100617150147.jpg
そのあら汁

DSC08209.jpg
柚子のソルべ

古田シェフの和食に大感激しちゃいました☆☆☆

DSC08199_20100617150147.jpg

最後にこんな貴重なものも!
左側にあるお酒です。

DSC08200.jpg
テキーラです☆

色々と飲みましたが。。。
やっぱりあ~ちゃんの身体には「ワイン」が合ってるんだなぁ~と
実感しちゃいました
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/06/10(日) 17:13 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://achans.blog92.fc2.com/tb.php/489-6f0ad396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。